科学技術社会研究所 定期研究会

科学技術社会研究所では、ほぼ2、3ヶ月に一度の頻度で研究会を開催しています。この研究会にはどなたでも参加できます。開催予定は当研究所にメール(office@sts.org.jp)でお問い合わせください。最近では以下のような内容で研究会を開いています。下記話題のいくつかについては「会員のページ」で配布資料を見ることができます。

第49回研究会 2016年6月27日 (於: 目黒区田道住区三田分室)

 
1) 「科学者の誤りについてーリヴォイ著”偉大なる失敗”から:その2」(白石浩二)

 
2) 「理研113番原子発見の裏話」(伊東芳子)

第48回研究会 2016年3月23日 (於: 目黒区田道住区三田分室)

 1) 「科学者の誤りについてーリヴォイ著”偉大なる失敗”から」(白石浩二) 
                                                                
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリック してください


第47回研究会 2015年12月2日 (於: 目黒区田道住区三田分室)

 1) 「再処理安全の話」(松岡伸吾)
 2)「雷・ノイズ対策になる安定電位を確保できる接地技術」(安本 勝) 
                                                                
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリック してください

第46回研究会 2015年9月28日 (於: 目黒区田道住区センター)

 1)「研究不正と科学者社会(その2)」(菅沼純一)
 2)「知性について」(朝日義郎)
 3)「太極拳の効用〜身体をほぐしましょう〜」(伊東芳子)
 4)「民生部門における家庭電力需要の将来予測〜浦安市の場合〜」(大西輝明)


  研究会講演記録をご覧になる方は 、
ここをクリック してください

第45回研究会 2015年6月24日 (於: 下目黒田道住区センター)

 1)「専門部会の報告」(松浦千尋)
 2)「シロウトから見たAIIB設立の必然性」(朝日義郎)

 3)「経済学における倫理と欲望」(伊藤泰男)
 4)「万葉歌碑散策」(岡田修身)
*)

  *)当報告の内容(ファイル)は 「一般向け 話題と議論」 のページに掲載されています
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリック してください


第44回研究会 2015年3月16日 (於: 下目黒田道住区センター)

 1)「研究不正と科学者社会-科学・技術・社会・国家E」(菅沼純一)
 2)「腰部脊椎管狭窄症手術後の体験記」(本会会員)


  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


第43回研究会 2014年12月12日 (於: 下目黒田道住区センター)

 1)「社会の乱流性ーエージェント粒子を用いた群衆挙動の流体シミュレーション」(大西 輝明)#)
 2)「属原発と脱原発の論点比較」(伊藤泰男)*)
 3)「研究不正と科学者社会-科学・技術・社会・国家E」(菅沼純一)

 
 #)当報告の内容(ファイル)は http://ohnishi.ecnet.jp/RecentWorks/SocialTurb_Jpn.pdf に掲載されています
  *)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています
 
 研究会講演記録をご覧になる方は、ここをクリックしてください

第42回研究会 2014年9月18日 (於: 下目黒田道住区センター)

 1) 「歴史は必然かー歴史事象の間隔のベキ乗分布と自己組織臨界」(大西 輝明)#)
 
2) 「認知科学(Cognitive Science)〜私のアプローチ」(伊藤 誠二)
 
3)「医療労働者としての医師たちー高血圧・糖尿病などの基準値を例として」(伊藤泰男)*)

  #)当報告の内容(ファイル)は「専門的 科学技術記事」のページに掲載されています
  
*)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 話題と議論」のページに掲載されています
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください

第41回研究会 2014年6月11日 (於: 下目黒住区センター)

 1)「世界の動く仕組み(V)」(伊藤泰男)*)
 2)
「専門研究会報告」(松浦千尋)
 3)
「原子力規制委員会とJANSIとの意見交換会 および原子力安全について」(西郷正雄)


  *)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています
  
研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


第40回研究会 2014年3月28〜29日 (於: 群馬県みなかみ町水明荘)

 1)
「国際医療協力と保健医療政策」 (倉辻忠俊*)
 2)
「専門研究会について」 (菅沼純一、松浦千尋)
 3)「ウズベキスタ訪問記」 (岡田修身)

 4)「宗教的観点から見た経済活動」 (倉辻孝俊)
 5)「気とは」 (伊東芳子)


  *)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 話題と議論」のページに掲載されています
 
 研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


第39回研究会 2013年12月19日 (於: 下目黒住区センター)

 
「低エネルギー核反応LENRの現状」(伊藤泰男)*)
 
2)「日本のロボットはなぜ福島原発事故に間に合わなかったのか(科学・技術・社会・国家C)」(菅沼純一)

   *)当報告の内容(ファイル)は「専門的 科学技術記事」のページに掲載されています
   
研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


第38回研究会 2013年10月24日 (於: 下目黒住区センター)

 1)「柏崎6,7号機の再稼働に関する新潟県知事発言の意味」(朝日義郎)
 2)「専門研究会について」(菅沼純一、松浦千尋)
 3)
「“オゾンガスによるDBP分解に関する速度論的評価”の受託について」(白石浩二)

第37回研究会 2013年7月10日 (於: 下目黒住区センター)

 1)
「STSパンフレット」(大西輝明)
 2)
「専門部会について」(菅沼純一、松浦千尋)
 3)「原発輸出の思惑」(伊藤泰男)*)

 4)「モロッコ旅行記」(西郷正雄)

  *)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています

第36回研究会 2013年4月5〜6日 (於: KKR箱根宮ノ下ホテル)

 1)「日本原燃受託の概要報告」(白石浩二)
 
2)「老人の老人による老人のための研究所」(菅沼純一)
 
3)「混沌のインド」(岡田修身)

 4)「世界の動く仕組み(U)」(伊藤泰男)*)
 5)「日欧共同水星探査計画『BepiColombo』における宇宙塵測定プロジェクト」(柴田裕実)


  *)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています
 
 研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


第35回研究会 2013年2月12日 (於: 中目黒 男女平等・共同参画センター)

 
「最小作用の原理を応用した道路造成ーすばらしい先達の知恵」(白形弘文)
 
2)
「B.グリーン『隠れていた宇宙(上)』から」(その2)(白石浩二)
  3)「『原子力村』を俯瞰する」(菅沼純一)
 

 
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


第34回研究会 2012年12月5日 (於: 目黒区田道住区センター三田分室)

 
1)「科学・技術・社会・国家の周辺で気になることB−エネルギー倫理という考え方」(菅沼純一)
 2)「『ネアンデルタール人と新人サピエンスの交代劇』の講演報告」(菅沼純一)
 
3)「B.グリーン『隠れていた宇宙(上)』から」(白石浩二)

 4)「オスプレイについて」(岡田修身)*)
 5)「亀裂と道路ネットワークの類似性(概要報告)」(大西輝明)
#)

  *)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 話題と議論」のページに掲載されています
  #)当報告の内容(ファイル)は http://ohnishi.ecnet.jp/physica2013.pdf に掲載されています
 
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください

第33回研究会 2012年9月5日 (於: 目黒区下目黒住区センター)

 
「ATT:武器貿易条約の現状と国家‐国家・経済・技術A」(菅沼純一)
 
2)「世界の動く仕組み:私たちのタコ壺構造について」(伊藤泰男)*)
 
3)「ネパール調査報告」(大西輝明)

 4)「放射線研究サポート:参加報告」(西郷正雄)

   *)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています
 
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


第32回研究会 2012年6月15日 (於: 下目黒田道住区センター三田分室)

 1)「『現代死生観』のレビューと討論」(伊藤泰男)
 2)「日本の武器禁輸政策の崩壊ー国家・経済・技術@」(菅沼純一)
 3)「欲望論」(伊藤泰男)


   研究会講演記録をご覧になる方は、ここをクリックしてください


平成23年度第4回(累計第31回)研究会 2012年4月8〜9日 (於: 伊豆長岡)

  1)「形態上の類似はメカニズムの類似を意味するかー街路網と割れ目の現象論[1]」(大西輝明)
 2)「現代死生観」(伊藤泰男)*)
 
3)「原子力の行方は」
  3.1)
「ドイツの電力価格と原子力削減の影響(大西輝明)
  3.2) 「小野講演資料『石油ガスの生産実態およびドイツの太陽光・風力発電』の説明」(西郷正雄)
  3.3)「『再生エネルギー開発』雑感‐環境にやさしいエネルギー利用法を求めて」(白形弘文)
  3.4)
「原子力の今後の取り扱いについて」(西郷正雄)
 4)「日本再生への提案」(岡田修身)
 5)「食品の放射能濃度の規制値」(白石浩二)
  6)「再処理工場の受託業務の進捗状況」(伊藤泰男)


   
*)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています
 
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


平成23年度第3回研究会 2012年2月15日 (於: 目黒区下目黒住区センター)

 1)
「風力エネルギー先進国での社会受容に関する文献調査」(大西輝明)*)
 
2)「カント哲学の独断的解釈」(朝日義郎)#)
 
3)「FX-次期戦闘機への対処」(岡田修身)+)

 4)「日本の原子力の行方は」 (伊藤泰男/西郷正雄)

  *)、+)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています
   #)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 話題と議論」のページに掲載されています
 
  研究会講演記録をご覧になる方は、
ここをクリックしてください


平成23年度第2回低レベル放射線問題検討会 2011年11月14日 (於: 新宿ルノアール)

 
1)「Does low level radiation exposure cause cancer ?」(白石浩二)
  2)「Should we discount low-dose radiation risk ?」(伊藤泰男)
  3)「低レベル放射線リスクデータ解釈の誤り:児玉龍彦氏の例」(伊藤泰男)
  4)「放射線業務従事者の疫学調査」(西郷正雄)


   研究会講演記録をご覧になる方は、ここをクリックしてください

平成23年度第2回研究会 2011年9月3〜4日 (於: 伊豆稲取)

  1) 「数理社会学から見た情報提供活動効果」(大西輝明)*)

  2)「低レベル放射線影響についての諸説混沌の実態」(伊藤泰男)
#)
  3) 「内部被ばく量についての計算例」(西郷正雄)
  4) 「大災害、自衛隊の役割」(菅沼純一)
+)
  5) 「討論:エネルギー問題 原子力と自然エネルギー」(松浦千尋)
  6) 「日本原燃受託業務進捗状況」(白石浩二)
  7) 「『福島第一原発4号機爆発原因』の解明実験」(松浦千尋)


   *)当報告の内容(論文)は http://ohnishi.ecnet.jp/RecentWorks/TOAV.pdf に掲載されています
  #)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています
  
+)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 話題と議論」のページに掲載されています
   研究会講演記録をご覧になる方は、ここをクリック
てください

平成23年度第1回低レベル放射線問題検討会 2011年6月26日 (於: 新宿ルノアール)

 1) 「放射性ヨウ素および放射性セシウムの体外被ばく・内部被ばくにおける等価線量・実効線量の考え方と計算の仕方について」(西郷正雄)

平成22年度第4回研究会 2011年1月31日 (於: 目黒区中小企業センター)

 1)「群れのエージェントモデルシミュレーション-階級構造と群れの進化-」(大西輝明)*)
 2)「情報公開とWikileaks -技術と社会-」(菅沼純一)
 3)「太極拳と呼吸」(伊東芳子)
 4)「欲望論」(伊藤泰男)


 
*)当報告の内容は、次のサイトに掲載されています:
  http://ohnishi.ecnet.jp/STSdum.pdf
   http://ohnishi.ecnet.jp/physica2012.pd
f

平成22年度第3回研究会 2010年10月14日 (於: 目黒区下目黒住区センター)

 1)「生物多様性 -外来植物から地球外生物まで-」(菅沼純一)
 2)「地球温暖化問題の最近動向」(伊藤泰男)
*)

  *)当報告の内容(ファイル)は「一般向け 科学技術記事」のページに掲載されています

平成22年度第2回研究会 2010年8月28〜29日 (於: 甲府 ホテルニュー芙蓉)

 1)「接地関連ノイズ対策について」(安本 勝)
 2)「核融合計画への視点」(白石浩二)
 3)「2010年NPT=核不拡散条約再検討会議」(菅沼純一)
 4)「算術 −なぜ術なんだろう?−」(白形弘文)
 5)「気功を科学的に考える」(伊東芳子)
 6)「増殖炉計画 -歴史と現状- (縮約紹介)」(伊藤泰男)

平成22年度第1回研究会 2010年6月26日 (於: 目黒区下目黒住区センター)

 1)「ITERの運転モードについて」(白形弘文)
 2)「NRCのリスクコミュニケーション資料の紹介」(西郷正雄)
 3)「STSで何をやりたいか」(岡田修身)
 4)「太陽光発電について外部講師を呼ぶ案」(菅沼純一)
 5)「『新しい公共』の活動状況」(岡田修身)