46STS研究会議事録


  場所 目黒区田道住区センター第3会議室
                 日時 2015928日  午後1~5


1.「研究不正と科学者社会 (その2)」(菅沼):資料参照

 STAP細胞事件に刺激され、3月の研究会で第一回の報告を行った。研究不正として話題になったいくつかの事例の説明検討を行った。現代の研究は研究リーダ、研究者、実験技術者などのチームで行われ、細分化も進み、不正を防ぐことも、またあったとしても見分けることが甚だ難しい。防ぐには倫理教育、また透明性の確保が重要である。

2.「知性について(朝日)資料参照

 
 ショーペンハウエル著 「知性について」 を読んでその要約解説を行った。全70節のうち、第1、2  節を行い、後は次の機会とする。分科会を設けてやってはというコメントもあったが、ペンディングとなった

.「太極拳の効用:身体をほぐしましょう」(伊東)

 ストレッチを兼ね、実際に初歩の太極拳を実行した













4.「民生部門における家庭電力需要の将来予測〜浦安市の場合〜」(大西):資料参照

 政府は2030年までに家庭部門でCO2の40%削減を目標にしているが、照明や家電製品の消費電力から見て、達成は難しかろうという結論である。                       
                       
                                                                       以上