科学技術と社会(試論)
科学技術社会研究所  伊藤泰男
 この資料は、科学技術社会研究所の研究会で用いた資料を元に構成してありますが、現在検討の途中にあるものです。
 従って、論点の細部は必ずしも科学技術社会研究所を代表するものではありませんが、科学技術社会研究所の問題意識の有り様を知っていただく意味で、公開するものです。

目次
  1. はじめに
  2. 市民にとっての科学技術
  3. 日本における科学技術の発展
  4. 社会における科学技術の姿
        科学技術社会の構成員の姿
        偽科学
  5. これからの科学
  6. これまでの議論のまとめ
  7. なぜ、科学的な合理性を欠いた思考・判断が多いのか
  8. どうすれば良いのか
  9. 科学技術社会研究所の課題